ホワイトニング

当院のホワイトニング

より魅力的な笑顔になる白い歯

より魅力的な笑顔になる白い歯

  • 歯の黄ばみが気になる
  • 神経を抜いた歯が黒ずんでいるのが気になる
  • 歯をもっと白くしたい

このようなお悩みはございませんか?

歯が黄ばむ原因は普段の食事やタバコのヤニによる着色や加齢です。また、神経が死んでいる歯は少しずつ黒ずんでくるため、他の歯と比べて見た時に浮いたように見えてしまうことがあります。
当院では、患者様のご希望やライフスタイルによって、ご自宅で行うホームホワイトニングや、歯科医院で行うオフィスホワイトニングをお選びいただいて、ホワイトニングを行うことができます。
神経を抜いたことで黒ずんだ歯はウォーキングブリーチという1本から行うことができる治療のご用意もございます。

ホワイトスポット(歯の白い斑点)を除去する治療も

「歯にできた白い斑点、目立つわけではないけれど、どうも気になる。」

このようなお悩みをお持ちではありませんか?
下記のようなことが原因で、歯に白い斑点が出来る場合があります。

  1. 初期むし歯
  2. エナメル質形成不全
    (遺伝や生まれつきの病気、栄養障害によってエナメル質が正常に形成されない状態)

この歯にできた白い斑点は、ホワイトスポットと呼ばれています。

当院では、ホワイトスポットを削らずに治療することが可能です。
長年、歯の白い斑点に悩んでこられた方も多いと思います。まずは一度ご相談ください。

ホワイトニングの特徴

ホワイトニングの特徴ホワイトニングでは、歯を削ることなく専用の薬を使用して歯を白くすることができます。ホワイトニング剤を歯に塗布し、それが内部まで浸透していくことで歯が美しい白さになります。
PMTCやスケーリングによって着色を除去した後、よりご自身の歯を白く明るくしたいという場合におすすめの施術です。
ホワイトニング施術を行った後は歯がワンランク上の白さになりますが、時間の経過によって徐々に歯の色が戻っていくため、歯の白さを保つためには施術を何回かに分けて行う必要があります。

※一時的に知覚過敏の症状が出てくることがあるというのがホワイトニングの副作用ですが、知覚過敏抑制剤も各種ご用意しておりますのでご安心ください。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

効果をすぐに実感することが可能

効果をすぐに実感することが可能医薬品であるオフィス用のホワイトニング剤を専門の歯科衛生士が歯の表面に塗布し、薬を薬剤の内部に浸透させていくのが歯科医院で行うオフィスホワイトニングです。
個人差はありますが、通常の場合1〜2回で歯が白くなった効果を実感することができるため、施術が終わった後は歯が白くなったことをご実感いただけるはずです。

ホームホワイトニング

自分の好きな場所で好きな時間に白い歯に

自分の好きな場所で好きな時間に白い歯に患者様ご自身でホワイトニングを行っていただくホームホワイトニングでは、好きな時に好きな場所でホワイトニングしていただくことが出来るため、自分のペースで歯を白くしたいという方や、忙しくてなかなか歯科医院に通院することができないという方におすすめの方法です。ホワイトニングジェルをマウスピースに入れ、1日2時間装着していただくことで歯を白くしていきます。
ホワイトニング剤の濃度が低く設定されているホームホワイトニングの場合、オフィスホワイトニングと比べると効果を実感するまでに時間がかかるものの、歯にゆっくりと薬が浸透していくため自然な白さや自分好みの白さを実現することができます。また、比較的後戻りも少ないです。
当院でご提供しているのは、ホワイトニング効果を緩やかに実感でき、色が後戻りしてしまうことの少ないホームホワイトニングです。

デュアルホワイトニング

美しい白い歯を維持する
  • デュアルホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングを行った後でホームホワイトニングを行っていくというホワイトニングです。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングという2つのホワイトニングのメリットを得られるデュアルホワイトニングでは、歯を短期間で白くすることができるだけでなく、その白さをより長く保つことができるため、ホワイトニングを行うのであればベストな方法と言えます。費用についても、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを別々に行うよりもお得に施術を受けることができます。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ神経が無くなったことで黒ずんだ歯に対して行うことができるホワイトニングがウォーキングブリーチで、1本から行うことができます。元々神経があった穴にホワイトニング剤を注入し、1週間〜2週間おきにホワイトニング剤を交換します。黒ずんでしまった歯を最初から削って被せ物で治療するのではなく、まずはこのウォーキングブリーチで白くなるかどうかを試してみるといいかもしれません。
また、神経の無い歯に行うウォーキングブリーチは痛みが生じることもありません。

※歯が脆くなっているためウォーキングブリーチでの治療を行うのが難しいというケースでは、白い被せ物を使用した治療法など異なる治療法をご提案させていただきますのでご安心ください。

TOPへ戻る
TEL:029-867-0206 TEL:029-867-0206